Oracle VirtualBox 4.2.16がリリースされました

いつの間にかVirtualBox4.2.16がリリースされていました。
いつものメンテナンスリリースです。

主な修正点は

  • OVF/OVA形式のインポートでmanifestを使用しなかった時にクラッシュする4.2.14の問題を修正
  • VMがクラッシュして落ちたあとに、Snapshotから戻せない問題を修正
  • 空の仮想DVDドライブをホットプラグするとクラッシュする問題を修正
  • 特定の状況下でSATAに接続したDVDドライブを読んだ時にクラッシュする問題を修正
  • OSX上で仮想マシンの自動起動の問題を修正
  • Windows8.1に対応するための修正
  • OSXでVirtualBoxをアンインストールした時の問題を修正

4.2.14から間のないリリースです。
OVF/OVAのインポート問題がクリティカルだったのかな?

そろそろ次のメジャーリリースが出てきそうですね。

詳細はChangelogから。

VirtualBoxのダウンロードは公式のサイトのDownload VirtualBoxからどうぞ。

コメント

VirtualBox-4.3.16-95972-Win.exeは、ワコムのペンタブレットと愛称が悪いようです。

ホストマシン:Windows 7 SP1 x64

ゲストマシン:Windows Server 2003 SP2 x86

この組み合わせで、ゲストOSが、アップデートをダウンロードする動作に同期するかのように、ホストマシンの、wacom_Tablet.exe プロセスのメモリー値が、およそ1秒間に20kb前後の勢いで増加し続ける現象が発生していた。このことに気がついた理由は、ホストマシンがメモリが不足しているといった警告をポップアップしたからだ。

  • 通常時の wacom_Tablet.exe プロセスのメモリ値は、11,000K程度であるが、このときは、800,000Kを軽く超えていた。
  • 何度か、再起動して繰り返し行ってみたが、再現性のある現象であった。
  • 今まで経験したことの無い現象だったので、VirtualBox-4.3.10-93012-Win.exe に戻したところ、この現象は、まったく発生しなくなった。

※4.3.16-95972と、4.3.10-93012の、2つ以外のバージョンでは試していない。

あと、試してはいないが、べつにゲストマシンがWindows Server ではなくても、Windows XP でも、この現象は発生すると思うのです。

ワコムのタブレットを使っていて、なおかつVirtualBox-4.3.16-95972-Win.exe を使っているというレアかもしれない環境でのみ発生するのかどうかは不明である。

教訓:不具合が無いのであれば、むやみにアップデートしないほうが良いかもしれないと思った。

以上、ワコムタブレットとVirtualBox-4.3.16 の両方を使っている人は、この現象に要注意な情報でした。このレアかも知れない組み合わせで使っている人は、あまりいないかな?

 

追伸:この素敵なVirtualBox のサイト運営者さん、VirtualBox の設定項目のシステムの詳細な情報が、とても勉強になりました。ためになる情報公開を、どうもありがとう。

コメントを追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <p> <br />
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
スパム投稿防止の為以下のテキストを入力してください
Image CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.