ネットワーク設定

VirtualBoxでは最大4つまでのネットワークアダプタを設定することが出来ます。

VirtualBoxのネットワーク設定の画面

アダプタ

アダプタごとにタブが用意されています。

ネットワークアダプタを有効化

チェックを付けることでこのネットワークアダプタを有効にすることができます。

割り当て

ネットワークアダプタのモードを設定します。
以下のモードが用意されています。

  • 未割り当て
    ネットワークカードはあるけど、ネットワークに接続できないそんなモードです。
    デフォルトのモードです。
  • NAT
    NATではホストOSが使っているネットワークとは別の、VitualBoxの内部に用意されたネットワークがゲストOSのネットワークとして割り当てられます。
    VirtualBoxがホストOSとゲストOSの間に立ち、ルーターの役割を果たします。
    後述するポートフォワーディングの設定ができます。
  • NATネットワーク
    4.3で追加されたネットワークモードです。
    通常のNATではそれぞれの仮想マシンが独立したネットワークとなっていたために、NAT接続の仮想マシン同士は通信できませんでした。
    それに対しNATネットワークは1つのNATネットワークに複数の仮想マシンを接続することで、相互の通信がとれるNAT接続です。NATネットワークにした場合は接続するNATネットワークを選択します。
    このNATネットワークは環境設定の項目で複数作成することが可能です。
  • ブリッジ アダプター
    ゲストOSがホストOSと同じネットワークを使用します。
    ネットワークからは全く別のマシンが存在することになります。
  • 内部ネットワーク
    ゲストOS同士だけで通信ができる閉じたネットワークです。
    外部との通信はできません。
  • ホストオンリー アダプター
    ゲストOSとホストOS間のみ通信ができる閉じたネットワークです。
    外部との通信はできません。
  • 汎用ドライバー
    UDPトンネルとVDEを使えるようにするモードです。
    ほとんどの人には関係ありませんし、この機能を使用するにはVirtualBoxをソースからコンパイルしてインストール必要があります。

初心者の方はホストOSと同じように扱えるブリッジアダプターをおすすめします。

名前

ブリッジアダプタを選択しているときに、ホストマシン上のどのネットワークアダプタを使うかを選択します。

アダプタタイプ

アダプタタイプには

  • PCNet PCI II (Am79C970A)
  • PCNet FAST III (Am79C973)
  • Intel PRO/1000 MT Desktop (82540EM)
  • Intel PRO/1000 T Server (82543GC)
  • Intel PRO/1000 MT Server (82545EM)
  • 準仮想化ネットワーク (virtio-net)

の6つが用意されています。

デフォルトのPCNet FAST IIIはほとんどのゲストOSで追加のドライバ無しで使用できます。

ホストマシンがGigabitのNICを使っているならPRO/1000を使った方が良いでしょう。
しかし別途ドライバを用意しなければならならいので、FAST III使ってPRO/1000のドライバをダウンロードしてからPRO/1000に切り替えるようにしてください。

VirtualBox3.1から、Windows/Linuxゲスト限定ですが、ネットワークアダプタに準仮想化ネットワーク(virtio-net)を選択できるようになりました。
他のアダプタの完全仮想化よりも、準仮想化の方がエミュレーションのオーバーヘッドが少なくなるため、ネットワークのパフォーマンスの向上が期待できます。
Linuxでは2.6.25以上のカーネルであればサポートしていますが、Windowsの場合はKVMプロジェクトのページからドライバをダウンロードしてインストールする必要があります。

いわゆるJumbo FrameもIntelアダプタタイプ限定でゲストOSで扱えるようですが、パケットドロップする可能性があるのでVirtualBoxはおすすめしていません。

プロミスキャスモード

ブリッジアダプ・内部ネットワーク・ホストオンリーアダプタを選択時に設定できます。

スイッチングではない所謂バカHubを使用している時に、自身のネットワークカードに到達する自分宛以外のパケットも受信するモードです。
他のホスト同士の通信の解析などで使用します。まぁ、つまり「傍受」です。

  • 拒否
    プロミスキャスモードを使用しません。
  • 許可したVM
    他のゲストマシンの通信のみ受信します。
  • 許可
    自身のネットワークカードに到達するすべての通信を受信します。

MACアドレス

ネットワークカードに設定するMACアドレスを指定します。
右側の緑のアイコンをクリックすると、ランダムに生成されたMACアドレスが表示されます。

ケーブル接続

VirtualBoxはネットワークケーブルの接続状態もエミュレートします。
チェックを付ければケーブルを接続した状態になり、チェックを外せばケーブルを抜いた状態になります。

これは仮想マシンが起動した状態でも操作可能です。

ポートフォワーディング

割り当てをNATにした場合に設定できます。

NATの場合ゲストマシンはVirtualBox内の仮想ルーターに接続されるため、ホストマシンが所属するネットワークとは通信を行うことができません。
そこでゲストマシンが接続する仮想ルーターにフォワーディング設定を行うことで、ゲストマシンからホストマシンのネットワーク、ホストマシンのネットワークからゲストマシン、のように通信を通すことができます。
このへんのNATとポートフォワーディングの仕組みについては各自ググッてください。

VirtualBoxのネットワーク設定-ポートフォワーディングの画面

設定は非常に簡単です。

まずはフォワーディングのルール名を設定し、プロトコル、ホストマシンのIP、ホストマシンのポート、ゲストマシンのIP、ゲストマシンのポートを設定するだけです。
以前はこのフォワーディングの設定をVboxmanageコマンドで行っていましたが、現在ではGUIで行えるようになりました。