仮想メディアマネージャー

VirtualBoxは「ハードドライブ」「光学ディスク」「フロッピーディスク」の種類別に、メディアを仮想メディアマネージャーに登録して管理します。
仮想メディアマネージャーはVirtualBoxマネージャーから、[ファイル]→[仮想メディアマネージャー]をクリックして起動します。

メディアには以下の操作が可能です。

コピー

既に存在する仮想ハードディスクをコピーします。
コピーする際に仮想ハードディスクのファイルタイプ(VMDKやVHDなど)、可変サイズか固定サイズかを選択することができます。
詳細な使い方は仮想ハードディスクの複製を参照してください。

ハードドライブタブで使用できます。

変更

既に存在する仮想ハードディスクのメディア属性を変更します。
詳細な使い方は仮想ハードディスクの属性の変更を参照してください。

除去

メディアを仮想メディアマネージャーの登録から削除します。
除去をするにはゲストマシンからメディアの割当を解除されている必要があります。

除去ではイメージファイルは削除されません。
(オプションで除去と同時に削除することは出来ます)

解放

ゲストマシンに割り当てられているメディアを解放(アンマウント)します。

最新の状態に更新

仮想メディアマネージャーのメディアリストを最新に更新します。

ハードドライブタブ

仮想ハードディスクを管理します。

光学ディスクタブ

ISOフォーマットのCD/DVDイメージを管理します。

フロッピーイメージタブ

標準的なRAWフォーマットを管理します。