共有フォルダのマウント

ホストOSのフォルダを「共有フォルダ」に設定することにより、ゲストOS側で「共有フォルダ」をマウントして双方のOS間で簡単なファイルのやり取りを可能にします。

共有の設定

仮想マシンの設定から「共有フォルダの設定」で共有フォルダを設定します。

共有フォルダのマウント(Windows)

エクスプローラーのネットワークドライブで、以下のフォルダを適当なドライブに割り当てます。

¥¥vboxsvr¥[共有フォルダ名]

共有フォルダのマウント(Linux)

先にマウントポイントを作成し、そこに共有フォルダをマウントします。
マウントポイントは/vbox_shareとします。

# mkdir /vbox_share
# mount -t vboxsf [共有フォルダ名] /vbox_share

このままだと起動する度に上記コマンドを実行しなければならないので、/etc/rc.localに上記コマンドを書いてあげることで、常に共有フォルダを使用することができます。