Guest Additionsのインストール

Guest Additionsとは

ゲストマシンにOSを入れた直後では、デスクトップ画面をクリックするとマウスカーソルがゲストOSの中に入ってしまい、右Altキーを押さないとホストOSにカーソルが戻ってきません。
これをマウスキャプチャーと言います。

このままでは使い勝手が悪いので、ホストOSとゲストOS間でマウスカーソルをシームレスに移動させるために、Guest Additionsをインストールします。

Guest Additionsは以下の機能を提供します。

WindowsにGuest Additionsをインストール

Windowsでハードウェア3Dアクセラレーションのサポートを有効化するためには、Windowsをセーフモードで立ち上げた状態でGuest Additionsをインストール必要があります。
セーフモードはWindows起動直前にF8キーを押します。

ゲストマシンを起動し、上のメニュー「デバイス」→「Guest AdditionsのCDイメージを挿入」をクリックします。
ゲストマシンに自動的にメディアがマウントされるので、CDイメージ内の「VBoxWindowsAdditions」をダブルクリックして実行します。

Guest Additions 4.2.0のインストール画面

「Next」をクリックします。

VirtualBox Guest Additions をインストールする時のインストールフォルダを選択する画面

インストール先を聞いてくるので、通常そのままで「Next」をクリックします。

VirtualBox Guest Additions をインストールする時のコンポーネント選択画面

オプションのコンポーネントをインストールするか選択します。
3Dアクセラレーションに対応する環境の場合には「Driect3D」にチェックを入れ、[Install]をクリックします。

VirtualBox Guest Additions をインストールする時のインストール状況を示すプログレスバー

インストールが始まります。

VirtualBox Guest Additions をインストールする時のソフトウェアインストール警告画面VirtualBox Guest Additions をインストールする時のVirtualBox Graphics Adapter インストール画面VirtualBox Guest Additions をインストールする時のマウスとその他のポインティングデバイスインストール画面

途中「ハードウェアのインストール」というダイアログが表示されますが、すべて「続行」ボタンをクリックしてください。

VirtualBox Guest Additions をインストール後の、今すぐ再起動するか、後で再起動するかの選択画面

「Completing~」のダイアログが出ればインストール終了です。
「Reboot now」にチェックを入れ「Finish」のボタンを押し、ゲストOSをリブートします。

以上でWindowsゲストのGuest Additionsのインストールは終了です。

LinuxにGuest Additionsをインストール

LinuxにGuest Additionsをインストールするときに以下のモジュールが必要になりますので、予めインストールしておきます。

ゲストマシン上のメニュー「デバイス」→「Guest AdditionsのCDイメージを挿入」をクリックします。
最近のLinuxであれば自動的にGuestAdditionsのCDイメージがマウントされるはずです。

次にターミナルを開いて、GuestAdditionsのマウント先に移動します。
ディストリビューションによってマウントされる場所が変るので、その際はdfコマンドなどでマウント先を確認します。

# cd /media/VBOXADDITIONS_4.3.8_92456

ゲストOSの環境によって、異なるインストールスクリプトを実行します。

# /bin/sh VBoxLinuxAdditions.run
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 4.3.8 Guest Additions for Linux............
VirtualBox Guest Additions installer
Removing installed version 4.3.8 of VirtualBox Guest Additions...
Copying additional installer modules ...
Installing additional modules ...
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules       [  OK  ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
Building the main Guest Additions module                   [  OK  ]
Building the shared folder support module                  [  OK  ]
Building the OpenGL support module                         [  OK  ]
Doing non-kernel setup of the Guest Additions              [  OK  ]
Starting the VirtualBox Guest Additions                    [  OK  ]
Installing the Window System drivers
Installing X.Org Server 1.13 modules                       [  OK  ]
Setting up the Window System to use the Guest Additions    [  OK  ]
You may need to restart the hal service and the Window System (or just restart
the guest system) to enable the Guest Additions.

Installing graphics libraries and desktop services componen[  OK  ]
#

CentOSなどの一部のLinuxでは以下のようなエラーメッセージが表示され、インストールに失敗する事があります。
これはGuestAdditionがkernelのソースコードを必要としているのに、システムにソースコードがインストールされていないために発生します。

Building the VirtualBox Guest Additions Kernel modules    [NG]

以下でkernelソースをインストールしてから再びインストールスクリプトを実行します。

# yum install kernel-devel
# yum install gcc

インストールスクリプトが終了し、プロンプトが戻ってきたらOSを一度リブートします。

以上でGuest Additionsのインストールは終了です。

MacOSにGuest Additionsをインストール

現在MacOSゲストにGuest Additionsをインストールすることはできません。