MacOSXをVirtualBoxにインストール

WindowsパソコンでMacOSXが動く!?

VirtualBoxの動作環境のところで書いていますが、VirtualBoxではMacOSXをホストOSでしか使うことはできません。

これはMacOSXのライセンスが「Apple社のハードウェア以外にインストールする事は許可しない」というのが理由ですが、Appleのハード ウェアがIntelベースとなった事により、IntelのCPUで動くMacOSXが登場した事で、一般のPCでもMacOSXが動く下地が出来上がりま した。

しかしここでuEFIが立ちはだかります。

uEFIの問題

uEFI(Extensible Firmware Interface)とは従来の古いBIOSに代わる、新しいハードウェアインターフェースです。
Intelベースとなった新しいMacOSXはBIOSを使わずに、このuEFIを使用して起動するようになりました。

しかしWindowsやLinuxが動作するPCは従来のBIOSで動いており、ここがuEFIを使うMacOSXの起動を困難にさせています。

本当にMacOSXをゲストOSにすることは出来ないのでしょうか。

uEFIを打ち破るHAZARD LEOPARDS

しかし世界中のハッカー達がこの状況を指を咥えて放って置くはずがありません。
Hazardというハッカー集団が、chameleon bootloaderというuEFIの動作をエミュレートするブートローダーを作成しMacOSXの起動を可能にしました。

これはMacOSと従来のBIOSの間にuEFIをエミュレートするブートローダーを置いてやる事で、PCでのMacOSの起動を可能にしてやります。

本来chameleon bootloaderはPCから直接起動させる為のブートローダーなのですが、実はこれを使ってPC上のVirtualBoxでMacOSXを起動させる事が可能になります。
なお、起動できるのはx86コードに対応したLeopard以降のMacOSXになります。

(注意)
パッチを当てたとはいえMacOSXのインストールイメージをダウンロードする事は勿論、使用条件に反するApple社製以外のハードにインストールする事はライセンス違反や著作権法違反になります。

この記事はあくまでも技術的側面から検証したのであり、絶対に真似しないようにお願いします。

Hazard Leopardの入手

直接リンクは貼りませんが、HAZARDのHPやインターネット上の様々な所にありますので、そこからダウンロードしてきます。
現在の最新版はMacOSX snow leopardです。
ここで注意するのがHazard Leopardは一つではなく、ホストマシンのCPUやベースとなったMacOSXのバージョンによって複数のHazard Leopardが存在するという事です。

今回は「Snow Leopard 10.6.1-10.6.2 SSE2/SSE3 Intel AMD」のHazard Leopardを使って、OSはWindows7、CPUはAMD PhenomII X4 955BE の環境にインストールしてみます。

 

実際の手順はこちら

MacOSXをVirtualBoxにインストール - インストール編

MacOSXをVirtualBoxにインストール - 起動編