VBoxManage listコマンド

listサブコマンドはVirtualBoxの現在の設定や情報を表示します。

VBoxManage list [--long|-l] vms|runningvms|ostypes|hostdvds|hostfloppies|
                            bridgedifs|hostonlyifs|dhcpservers|hostinfo|
                            hostcpuids|hddbackends|hdds|dvds|floppies|
                            usbhost|usbfilters|systemproperties|extpacks

(例)vmsオプションで全ての仮想マシンの情報を表示します。

>VBoxManage.exe list vms
Oracle VM VirtualBox Command Line Management Interface Version 3.2.12
(C) 2005-2010 Oracle Corporation
All rights reserved.

"WindowsXP テスト環境" {b24b27ca-72ba-4d35-8fad-d79b0ce79e99}
"CentOS" {5d722898-e722-4d24-87da-00f337d81a99}
"Debian Lenny" {062c809a-8fbd-40a8-8155-f1988097ff7c}
>

オプションの詳細は以下の通りです。

  • vms
    VirtualBoxに現在登録されている仮想マシンを表示します。
    デフォルトではこの表示は名前とUUIDのリストと、 -long または - l オプションの指定で詳細な情報をリストします。
    showvminfoの コマンドも参照してください。
  • runningvms
    vmsと同じ形式で現在実行中の仮想マシンの情報を表示します 。
  • ostypes
    VirtualBoxに設定できるゲストOSの種類を表示します。
    modifyvmコマンドで使用します。
  • hostdvd, hostfloppies
    VirtualBoxからアクセスできるホストOSのDVD/CDドライブやフロッピードライブのUUIDを表示します。
  • bridgedifs, hostonlyifs, dhcpservers
    それぞれ現在利用できるブリッジネットワーク・ホストオンリーネットワーク・DHCPサーバを表示します。
  • hostinfo
    システムのバージョンのオペレーティング、メモリサイズとなるCPUの表示についての情報をホストシステムなどを表示します。
  • hostcpuids
    ホストマシンのCPUIDパラメーターを表示します。
    これはホストの仮想化機能を詳しく分析する時に使用してください。
  • hddbackends
     VirtualBox の既知の全ての仮想ディスクバックエンド(?)を一覧表示します。
    VDIやVMDK,RAWなどの形式のバックエンド自身の名前の他に、能力の説明、設定や他の有用な情報が表示されます。
  • hdds, dvds, floppies
    現在 VirtualBox に登録されている仮想ディスクや仮想ドライブに関する全設定、 VirtualBox によって関連付けされた唯一識別子 (UUID)、
    それに関連する情報を表示します。
  • usbhost
    ホストに接続されているUSBデバイスに関する情報を提供します。
    さらにUSB フィルタを生成するのに有用な情報と現在それがホストで使用されているかを表示します。
  • usbfilters
    VirtualBoxに登録されている全てのUSBフィルタとフィルタの全パラメータを一覧表示します。
    それは全ての仮想マシンからアクセス可能なデバイスへのフィルタです。
  • systemproperties
    VirtualBoxの一般設定を表示します。
    RAMのサイズや仮想ハードディスクサイズ、フォルダ設定と現在認証ライブラリが使用中かどうかなどを表示します。
  • extpacks
    現在インストールされているExtension Packsを表示します。
    extpackを参照してください。