VirtualBoxをMacOSにインストール

VirtualBoxをMacOSにインストールしてみます。

VirtualBoxは以前からホストOSとしてMacOSはサポートしてきましたが、WindowsやLinuxなどのゲストOSしかサポートしてきませんでした。

バージョン3.2から、ついにゲストOSとしてMacOSを入れる事が出来るようになり、VirtualBoxの利便性はさらに広がりました。

ただし、MacはIntel Macのみで起動します。
古いPowerPCを使ったPowerMacでは動作しませんので、注意してください。

VirtualBoxのインストール

VirtualBox のダウンロードを参考にして、MacOS用のパッケージを入手します。

ダウンロードしたパッケージをダブルクリックすると、以下の画面が表示されるので、1のアイコンをダブルクリックします。

MacOSでVirtualBoxのパッケージを開いた時の画面

確認ダイアログが開くので、「続ける」をクリックします。

MacOSでVirtualBoxをインストールするときの確認画面

 インストーラーが起動するので、「続ける」をクリックします。

MacOSでVirtualBoxをインストールするときのインストーラーの画面

 ライセンスをよく読み、「続ける」をクリックします。

MacOSでVirtualBoxのインストーラーの使用許諾契約画面

 ライセンスに同意するか聞いてくるので「Agree」をクリックします。

MacOSのVirtualBoxのインストーラーのライセンス同意画面

 インストールする場所を聞いてくるので、変更がなければ「インストール」をクリックします。

MacOSのVirtualBoxのインストーラーのインストール場所選択画面

 管理者パスワードを入力し、「OK」を押します。

MacOSでVirtualBoxのインストラーの変更許可画面

 しばらくすると「インストールが正常に完了しました」とでるので、以上でMacOSへのインストールは終了です。

MacOSのVirtualBoxのインストーラーのインストール環境画面

 「閉じる」を押し、VirtualBoxの画面を開いてみましょう。

MacOSのVirtualBoxのマネージャー画面

以上でMacOXへのVirtualBoxのインストールは終了です。
VirtualBox本体のインストールが終わったら、続いてエクステンションパックの導入を行いましょう。