VirtualBox 5.0.12 での状況

投稿者名: 
Aqualight
ホストOS: 
Windows7
ゲストOS: 
Other Windows
本文: 

 読者の皆様、こんにちは、こんばんは。 そして明けましておめでとうございます。
本日の話題は… 既に皆様ご存知の VirtualBox 最新版 5.0.12 です。

 以下は 5.0.10 以降の変更点を機械翻訳したものです。

  • GUI:VM項目がチュー・ペイン領域の外へドラッグされると、VMの選択ウィンドウで間違ったスクロール動作を修正
  • GUI:IPv6のポート転送ルールの検証を固定
  • GUI:CD / DVDメディアを選択UIを使用して挿入されている場合は、最初のランウィザードを抑制
  • GUI:(バグはCtrl + Breakキーシーケンスのスキャンコードを修正#14927を)
  • GUI:テキスト選択マウスポインタの処理を改善すること(バグ#750)
  • ホストサービスは:まれな条件の下で、VMのシャットダウン時にクラッシュを修正しました(5.0.6回帰;バグ#14841)
  • 共有フォルダ:ファイルが属性をチェックするために開かれている場合は共有違反を固定する(Windowsホストのみ;バグ#14450を)
  • ウェブカメラ:特定のデバイス用のパススルー修正(Mac OS Xのホストのみ)
  • XHCI:固定されたソフトウェアの仮想化が使用される場合、壊れエミュレーション
  • XHCI:いくつかの修正
  • 3D:特定の条件下で処理する固定状態(バグ#13487)
  • オーディオ:いくつかの修正
  • BIOS:巨大なハードディスクから起動することができるというために追加されたLBA64のサポート(バグ7415#)
  • EFI:Windowsの10のゲストのための修正
  • ExtPack:ファイルシステムのロックの問題を防ぐために実行している仮想マシンがある場合に拡張パックをインストールする前に確認してください
  • rdesktopの-VRDP:ソースコードのtarballの修正
  • Windowsホスト:VRDP外部認証(バグのためVBoxAuthSimpleライブラリを使用する際にハング固定#14931)
  • Windowsホスト:TCP / IPの使用禁止(バグのある物理ネットワークアダプタに接続することを防止回帰固定#14578を)
  • Windowsホストは:マルチポートアダプタは、単一のアダプタとして表示される原因となったリグレッションを修正(バグ#14558、#14622)
  • Windowsホストは:リストに表示されていないために、ホストオンリーアダプタを作成引き起こした回帰を修正(バグ#14437)
  • Windowsホスト:Windowsの10に関連する固定ホストオンリーアダプタの作成 ​​の問題(バグ#14040、#14545)
  • Linuxがホスト:の.desktopファイルの互換性の問題を(バグ#14808)
  • Linuxホスト/ゲスト:RHEL 7.2の修正(バグ#14866)
  • ホストカーネルモジュールを再コンパイルするためのコマンドが再び変更された、/ sbinに/ rcvboxdrvセットアップに(バグ#14723)
  • Linuxホスト:PCIパススルーのためのいくつかの修正(まだ非常に実験的な)
  • Linux / Mac OS Xのホスト:VMは、特定の状況(バグの下で起動時にハング固定#14933)
  • Solarisホスト:追加のPython 2.7バインディング
  • Mac OS Xのホストは:クラッシュする可能性が修正されたときに、デフォルトの入力または出力オーディオデバイスの変更
  • Mac OS Xのホスト:特定の条件下でのパニックを修正しました
  • Linuxの追加機能は:ゲスト/ホスト通信に不可欠なコードにデッドコードeleminationを行うことから、コンパイラを防ぐ(バグ#14497)
  • Linuxの追加:共有フォルダをマウントするときに/ proc /マウントが代わりに「どれも」のこの名前が含まれるように、明示的に共有名を渡します
  • Linuxの追加:追加機能をアップグレードしながら、中に適切に「vboxadd」サービスを有効にするにはSELinuxの防止と併せてsystemdに問題の回避策

 

 リビジョンが 10 ⇒ 12 ですから仕様の追加や変更ではなく、バグ修正がメインです。
「使いやすくなった」というのは確かです。

 普通、こういう広報は、当サイトの管理人様がツイッターでアップデートの概要を広報なされていますし、
本来は私がこのフォーラムで公表すべき事柄ではありません。
ではなぜ私はこのような事を行ったのでしょう?
それは広報が目的ではなく、情報収集の基本的な考え方を公表したかったからです。

 アップデートに関する情報はオラクルのVirtualBox オフィシャルサイトに在ります。
しかし全てが米国英語で書かれています。  これでは簡単に理解できません。
そこで利用するのが翻訳サイトです。
その翻訳結果が上記だった訳で、再度ご確認下さい。
この翻訳精度では とても正確に翻訳されているとは言えません。 それでも単語や語順の誤りを補う事で理解可能です。

 翻訳サイトを利用すれば、頭から翻訳するより楽です。
ですが、その翻訳精度には限界があり、やはり慣れというレベルのスキルを必要とします。
英語 ⇒ フランス語、ドイツ語 ⇒ スペイン語 など ラテン語派生の言語の場合は文法も類似し、語彙が一対一で対応します。
ところが 英語 ⇒ 日本語 の場合は 語彙の対応が 一対多 なので誤った単語で翻訳され、語順や文法が異なるため「てにをは」の誤りが発生します。

 その原因は【語祖の違い】で、こればかりは前後の文脈から解析するしかありません。
人工知能を利用すれば可能だとしても、現状で一般供用されている現行システムでは、そこまでの正確性は保証できません。
まして数語の文章であれば前後の文脈からの解析が不可能なため誤翻訳は当然です。
やはり自動翻訳の性質を知った上で人間が再解釈する事になります。

 ここで引き合いに出して申し訳ないのですが、質問フォラームでのエラーメッセージの解釈です。
自動翻訳しても正確性に乏しく完全に翻訳可能ではありません。
ですが、それこそエラーメッセージです。
このテキストの様に詳細にダラダラ表示して良い筈がありません。
簡潔明瞭に単語のみで表示されて然るべきでしょう。

 

 こんな話があります。

 ある若者がパテシエに成りたいと努力し、取り敢えず一人前と見做される様になりました。
本人はもっと有名に成りたくて、フランス留学(修行)を計画しました。

 パテシエ、つまり菓子職人です。
本人は修行のための留学です。
当然、訪問国の言語を学ばなければなりません。
しかし菓子作りの技術と言語学習には何の関係もありません。

 全く関係が無いにも関わらず、言語学習を強要される訳です。
これを どう考えるか…という事です。
「英語は嫌いだ!」だとか「英語は苦手だ!」という理由で避けていてはステップアップにならないのでは?
私など そう思う訳です。

 自身の好きな事を追求すれば、無関係な事も付随して知らなければならなくなる…とも言えそうです。
世の中、自分の思ったとおりになる筈がありません。
だったら、どうすれば良いか?  こんなの火を見るよりも明らかだと思うのです。
「好きなことをする為に苦しまなければならない。」 確かに矛盾です。
それを自身で解決するからこそステップアップなのでは?

 と、偉そうな事を書いている私ですが、これは誰にでも言える事ではないかと思います。
ある者は○○分野で、ある者は××分野で… 自身の得意分野を磨いてきたからこそ、それなりに物が言える訳で、
そうなるには一見無関係とも思える苦労があった筈です。
実際、数学者やそれを利用する技術者に成らない限り、高校数学で学ぶ「加法定理」など、
その成果は享受してはいても一般生活では直接役に立ちません。 せいぜい「教養」止まりです。
ですが、それが在るからこそ理解が早くなるのではないでしょうか。

 エラー・メッセージやコマンド内容を理解するための英語学習…
英語の学習自体はPCには全く関係ありませんが、それがあるからこそステップアップでは?

 

 最後に…
私はここに公表した この考え方を強要するものではありません。
質問者の方には手厳しい言い方をしていますが、この考えを基に他者を貶めるものではありません。
ですが私は そういう考え方です。 賛同を要請しなくても賛同頂ける当たり前な考え方だと思っています。
確かに「知識・情報」はネットや書籍を通して お金で購入可能ですが、それは覚えないかぎり自身の物にはならない…という事でしょうか。
その判断材料が増える事を望み、本年頭の投稿と致します。

 

 

 本投稿趣旨からは微妙なのですが、先程、質問フォーラムの側でバグ情報を得ました。
うんと簡単に言えば 「 VirtualBox 5.0.12 ではセッション復帰時にエラーが出る。」という物です。
このエラーを回避するには以前のバージョンに戻す他なく、改修を待つしか無いようです。
詳しくは VirtualBox 本家フォーラム をご覧ください。

 

 経過報告という事になると思いますが…

前回追加した障害に関してですが、開発側もバグと認め、早急にアップデートされたようです。

Ver 5.0.12 ⇒ Vwe 5.0.14

指摘された「セッション再開時、ユニット HDA がロードされない」という障害は解消されたようです。

 

蛇足:

 UI の面で、まだ障害が解消されていません。
フルスクリーンにすると ミニ・ツールバーが有効になるのですが、実際にはミニ・ツールバーが表示されず、
仮想OS側のスクリーンサイズを縮小すると表示されるという障害です。
最新版で試しましたが修正されていませんでした。
回避方法としては、フルスクリーンにした場合、元に戻すには仮想OS側でスクリーンサイズを小さくするしか
無いようです。

 

 

コメントを追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <p> <br />
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
スパム投稿防止の為以下のテキストを入力してください
Image CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.