Windwos 10 の話

投稿者名: 
Aqualight
ホストOS: 
N/A
ゲストOS: 
N/A
本文: 

 こんにちは、こんばんは。 Aqualight  です。

今回は、「質問フォーラム」でも投稿頂いた VirtualBox に関する質問をネタに書いてみます。

 

 まず、こんな格言(虚言とも  笑 )をご存知でしょうか?

マイクロソフトのOSは SPx が出てから買え!

これ、「読んで字の如く」です。
つまり、初期不良が改修されてから・・・だとか、ドライバーが出揃ってから・・・ って意味で、
決して「飛びついて買うな!」という意味です。

 ソフトウェアにはバグは付き物です。
まず初版やプレビュー版は、そのリスクを承知のうえで利用するもので、いきなり運用は怪我の元です。

 

 質問フォーラムには「ホストを Windows 10 にしたら 音が出なくなった」との質問がありました。
まさにこれがその問題点で、原因は VirtualBox が ホスト、ゲストともに Windows 10 に対応していないからです。
これはユーザー視点で、このサイトではどうしようもない事で、 VirtualBox 自体の対応を待つしか無い事なのです。

 私は、この質問者を貶める目的で書いている訳ではありません。
元々、マイクロソフトは後方互換性を切り捨てて新しいOSを発表してきました。
VirtualBox で障害が出る大本の原因はこれで、怒りをぶつけるなら VirtualBox ではなく マイクロソフトなのです。
勘違いされては困る…と言うのはこの部分なのです。

 実際、質問者様の環境では従来の使い勝手が悪くなり、バージョンアップどころではありません。
冷たい目で見れば「お勉強になったでしょ?」かもしれませんが、当人からは「お勉強」どころではなく、
「私の自由を返せ!」という事で怒り心頭だと思います。

 

 私、思うんですよ。
もうマイクロソフトのOSはゲスト利用だけで十分じゃないか…って。
仮想環境で動作させるからこそのセキュリティだ…と考えると、こんな苦労を味わうOSなんてホストにする事自体が
間違っているんじゃないか…って思うんですよ。
実際、ウチの業務で利用するホストなんか、既に Linux ですし、Windows なんか個人利用だけです。
現在の環境から Windows 10 に移行すると、私なんかの環境はグレード・ダウンですよ。
素直に喜べるものではありません。

 具体的な話です。
私の環境は、CPU こそ古くなったもののメモリーを 24GB 搭載し、テレビ視聴可能なゲームマシンです。
OSは Windwos 7 Ult 64 bit ですが、これが Windows 10 に移行すると、テレビも DVD も利用不能になってしまう訳です。
マイクロソフト側は無償とか言いながら実際にはグレード・ダウンでその分の保証もありません。
もう馬鹿馬鹿しいったらありゃしない! (プンプン!)

 愚痴はさておいて、露骨に「新品を買え!」ってやり方には決して賛成しかねます。
こういうやり方に乗るのは愚か者だけだと思う訳で、Windows 10 に関しては仮想化してゲストで十分って思えるのです。
ですが肝心の VirtualBox が Windows 10 に正式対応していない訳です。
これは待つしかないですね…

 

 という事で、「では他の環境は?」という意味合いで、 VMware player の情報も比較目的で書こうとしていたのです。
まだ原稿の段階ですが、詳細を書きたいため公開していません。
それでも「売り物の一部」という意味で VMware に軍配が上がりそうな予感です。
ですが、その VMware でさえ現時点では Windows 10 に公式には対応していません。
仮想ハードウェアとしては 64 bit モデルを中心に V-RAM が 2 GB まで可能にはなりましたが…

 聞いた話では仮想化のネックは x86 アーキテクチャだそうで、特に I/O の処理に問題があるとか…
OSを仮想化しても、その仮想マシンからダイレクトにハードウェア・アクセスが可能になれば、OSなど仮想で十分となります。
それを可能とするためには x86 アーキテクチャからの脱却が必要となるため、新たなCPUの開発が必要だとか…

 なんか、仮想化の未来はハードウェア(CPU)に依存している…という話題でしたが、新アーキテクチャのCPUを開発するには
膨大な時間が必要で、それまでは x86 アーキテクチャが継続するようで…

 私なんか、流れは仮想化だと思いますよ。
ですが仮想化を進めるためには企業用ではなく民生用途を推し進める方が早道だと思うんですよ。
スマートフォンのCPUは x86 系ではありませんよね?
そして普及率からは既に x86 系を凌駕していますよね?
これを考えると、やはり民生用仮想化が最優先だと思うんですよ。
どうなのかしら?

 

 と、今回の投稿は完全に雑談でしたが、これを冗談と笑って頂ければ良いかと・・・

で、VirtualBox は、現時点では Windows 10 ゲスト、ホストともに未対応 とい事で。

 

お後がよろしいようで。 (笑)

 

 このアーティクルに対する重要な追加事項です。

現在、私は Windows 10 pro 32 bit を VirtualBox 5 で運用しています。
設定は… (抜粋)

  • メモリー:8192 MB
  • プロセッサー数:2
  • PAE/NX を有効化:チェック

ゲストOS(Windows 10 )から確認すると、残念ながら Windwos 10 32 bit は PAE 機能に対応していないようです。

【設定】⇒【システム】⇒【バージョン情報】から「実装 RAM 」を確認すると 3.44 GB と表示されています。

タスクマネージャーの「パフォーマンス」タブから「メモリ」を見ても 使用中:658 MB、利用可能:2.8 GB と
表示され、トータル 4.8 GB と表示されています。

リソースモニターでも、インストール済み:3519 MB と表示され「ハーウェア予約済み」にも表示されません。
当然 bcdedit.exe にて PAE を強制的に許可しても認識さえされません。
これが Windows 7 なら PAE は利用不可でも「ハーウェア予約済み」として認識され、 RAM-Disk には利用可能でした。

 こちらの設定に不備があるだけなのかもしれませんが、取り敢えず確認した事を書いておきます。
Linux なら 32 bit 版でも PAE が利用可能で 4GB を超えるメモリーが利用可能なのに…

 

 Aqualight です。

新たな検証から、Windows 10 では PAE/NX は必須である事が確認されましたので
上記情報を訂正させて頂きます。

 但し、PAE/NX 機能は必須なものの、有効化しても OSが利用可能なメモリー範囲は 4 GB に限定され、
RAM-Disk としてしか利用できないようです。
しかも OS側からは 管理外メモリーとしても表示されません。

 

お世話になります。私の3週間を返してくださいといいたい状況です。

まだWin10上では12/12現在VertualBoxへのMac OS X El Capitanは対応していないのでしょうか?

何度やってもインストールできません。WinのCmdで下記を入力するとエラーが返ります

C:\WINDOWS\system32>cd "C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\"

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox>VBoxManage.exe modifyvm "El_Capitan" --cpuids

et 00000001 000306a9 04100800 7fbae3ff bfebfbff

VBoxManage.exe: error: Code E_FAIL (0x80004005) - Unspecified error (extended in

fo not available)

VBoxManage.exe: error: Context: "LockMachine(a->session, LockType_Write)" at lin

e 493 of file VBoxManageModifyVM.cpp

 

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox>VBoxManage setextradata "El_Capitan" "VBoxInt

ernal/Devices/efi/0/Config/DmiSystemProduct" "MacBookPro11,3"

VBoxManage.exe: error: Code E_FAIL (0x80004005) - Unspecified error (extended in

fo not available)

VBoxManage.exe: error: Context: "LockMachine(a->session, LockType_Shared)" at li

ne 801 of file VBoxManageMisc.cpp

 

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox>VBoxManage setextradata "El_Capitan" "VBoxInt

ernal/Devices/efi/0/Config/DmiSystemVersion" "1.0"

VBoxManage.exe: error: Code E_FAIL (0x80004005) - Unspecified error (extended in

fo not available)

VBoxManage.exe: error: Context: "LockMachine(a->session, LockType_Shared)" at li

ne 801 of file VBoxManageMisc.cpp

 

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox>VBoxManage setextradata "El_Capitan" "VBoxInt

ernal/Devices/efi/0/Config/DmiBoardProduct" "Mac-2BD1B31983FE1663"

VBoxManage.exe: error: Code E_FAIL (0x80004005) - Unspecified error (extended in

fo not available)

VBoxManage.exe: error: Context: "LockMachine(a->session, LockType_Shared)" at li

ne 801 of file VBoxManageMisc.cpp

 

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox>VBoxManage setextradata "El_Capitan" "VBoxInt

ernal/Devices/smc/0/Config/DeviceKey" "ourhardworkbythesewordsguardedpleasedonts

teal(c)AppleComputerInc"

VBoxManage.exe: error: Code E_FAIL (0x80004005) - Unspecified error (extended in

fo not available)

VBoxManage.exe: error: Context: "LockMachine(a->session, LockType_Shared)" at li

ne 801 of file VBoxManageMisc.cpp

 

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox>VBoxManage setextradata "El_Capitan" "VBoxInt

ernal/Devices/smc/0/Config/GetKeyFromRealSMC" 1

VBoxManage.exe: error: Code E_FAIL (0x80004005) - Unspecified error (extended in

fo not available)

VBoxManage.exe: error: Context: "LockMachine(a->session, LockType_Shared)" at li

ne 801 of file VBoxManageMisc.cpp

 

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox>

非対応が原因ですか?VmwarePlayer6ではEl Capitanはインストールできました。ただしイーサネットは認識されませんのでアップしただけです。

これはどこへいえばいいのでしょうか?MSですかね??・・・・・

muku 様、こんにちは。 Aqualight です。

 残念ながら 私は MAC ユーザーではありませんので詳細は語れません。
ですが常識的な部分(一般論)だけなら一通りは知っているつもりです。

 まず Windows 10 と virtualBox の関係ですが、
現時点でも virtualBox は完全に Windows 10 に対応しているとは思えません。
また Windows 10 も正式公開されてから、まだ半年しか経過していませんし、とても「安定している」とは言えません。
しかも Windows Update がデフォルトでは暗黙に行われるようになったため、これが動作仕様に関わる場合、
今まで運用出来ていたアプリが突然異常動作するようになる可能性もあります。
という事で virtualBox が安定動作するには、もう少し時間が必要かもしれません。

 私は Windows 10 をゲストとして利用する事しか考えていないため、多くは期待していませんが、
それでも現状 Ver5.0.10 で障害が発生し、今だにフルスクリーンでの運用を躊躇しています。
と言うのも、ミニ・ツールバーが出ず仮想マシン自体の操作が不能になるからです。
Windows 10 ホストやゲストに関しては、正直なところ VMware の方が安定している気がします。
とは言うものの VMware でさえ対応に苦慮しているようで、微妙にアップデートされていたりします。
何より古いOSへの対応というコストを削ってまで労力や資金を Windows 10 に注ぎ込んでいる印象です。

 さて、障害の原因に付きましては…
正直なところ、やはり VirtualBox 側に原因があると思います。
ですが、それも元を正せば「後方互換性」をないがしろにしたMSのせいとも思えます。
具体的には「ここだ!」と指摘は出来ませんが 私にはそう思えてなりません。

 こちらのフォーラムは「雑談」カテゴリなので私の感想をメインに書いていますが、
ご質問の回答やヒントに付きましてはアチラ側でお答えしたいと思います。
ですが、それも正直な所 ヒントにもならない回答になりそうな気がします。
こちらで言える事は「virtualBox は完全に Windows 10 に対応している訳ではない。」という事だけで、
それ以上の事は言えません。

 

コメントを追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <p> <br />
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
スパム投稿防止の為以下のテキストを入力してください
Image CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.