スナップショット

スナップショットとは仮想マシンの現在の状態を保存しておく機能です。
ゲストOSに色々変更を加ええても、いつでもスナップショットを取った状態まで瞬時に戻すことが出来ます。

この機能、何に使うのかというと、

  1. バックアップの取得
    Windowsに標準で付属している「システムの復元」機能やサードパーティー製のバックアップソフトよりも簡単に素早くバックアップが取得できます。
  2. フリーソフトのテストマシンとして
    クリーンインストール直後の状態をスナップショットで取得しておき、使ったことの無いフリーソフトの実験場として使用した後にスナップショットを復元すれば、瞬時に環境が元通り!!
     

などなど。

特に2.などは色々なフリーソフトなどを試すことの多いPCのヘビーユーザーの方には重宝する機能です。
万一ウィルスなどに感染したとしてもスナップショットで復元させれば即座に「なかったこと」にできます。

また、VirtualBox3.1からはブランチングという機能も追加されました。
これまでは常に最新のスナップショットしか作成・復元出来ませんでしたが、 任意の段階のスナップショットから別のスナップショットを作れるようになり、ツリー状にスナップショットを管理できるようになりました。

スナップショットの取得

仮想マシンを起動していない場合

VirtualBoxの画面からスナップショットを取得するマシンを選択し、「スナップショット」タブに切り替えます。
上部にあるカメラのようなアイコン「スナップショットの取得」をクリックします。

 

仮想マシンが起動している場合

仮想マシンの[仮想マシン]メニューから[スナップショットの取得]をクリックします。

スナップショットの名前

ウィンドウがポップアップしてくるので、このスナップショットに分かりやすい名前を付けます。
この名前はスナップショットタブに表示され、取得したスナップショットがどの状態のものだったかを記録しておくものです。

例えば「新規インストール」とか「SP3適用済み」とか、ゲストOSの状態を記入しておくと分かりやすいと思います。

[OK]をクリックするとほんの一瞬でスナップショットが取得され、スナップショットタブに一覧が表示されます。

スナップショットに復元

取得したスナップショットに復元させるには仮想マシンを停止した状態で行います。

VirtualBoxの画面からスナップショットに復元するマシンを選択し、「スナップショット」タブに切り替え、復元したい状態のスナップショットを選択します。
上部にある「スナップショットに復元」ボタンを押すと、スナップショット取得時の状態に戻ります。

(注意)
スナップショットに復元することは仮想マシンに接続されている仮想ディスクに影響します。
仮想ディスクの内容が全て元に戻るので、スナップショット以降に作成した全てのファイルとファイルへの変更が失われてしまいます。
スナップショット機能を使用中にそのようなデータ損失を防ぐために、VBoxManage使って別の仮想ディスクを「ライトスルー」モードで追加し、そこにデータを保管することができます。
「ライトスルー」の仮想ディスクはスナップショットには含まれないので、仮想マシンが過去の状態に戻ったときにも変更されることはありません。

スナップショットを削除

不要になったスナップショットを削除します。

VirtualBoxの画面からスナップショットを削除するマシンを選択し、「スナップショット」タブに切り替え、削除したいスナップショットを選択します。
上部にある「スナップショットを削除」ボタンを押すと、スナップショットが削除されます。

詳細を表示

 選択したスナップショットの詳細情報を確認できます。