環境設定

VirtualBox自身の環境設定を行います。
設定はVirtualBoxの起動画面から「ファイル」→「環境設定」をクリックします。

一般

VirtualBoxの環境設定-一般の画面

デフォルト仮想マシンフォルダー

ゲストOSの情報か記載されたxmlファイルや仮想ディスクの保存場所を指定します。

デフォルトではCドライブに保存するようになっていますが、仮想ディスクはサイズが非常に大きくなる可能性がある為、ホストOSのシステムが保存されているCドライブを保存先にするのは避けましょう。
ディスクがあるなら、DやEなどのデータドライブをデフォルトの保存先にするのがおススメです。

以前は仮想マシンフォルダと仮想ディスクフォルダが別でしたが、VirtualBox3.0で統合されました。

VRDP認証ライブラリー

 リモートディスプレイの認証ライブラリを指定します。

入力

VirtualBoxの環境設定-入力の画面VirtualBoxの環境設定-アップデートの画面

ショートカットキーを設定します。

キーボードの自動キャプチャー

Guest Additionsをインストールするとマウスカーソルをキャプチャされることなく、シームレスにホストOSとゲストOSを行き来できます。

アップデート

VirtualBoxの環境設定-言語の画面

 VirtualBoxのアップデートの確認の設定をします。

デフォルト設定のままで問題ありません。

言語

VirtualBoxの環境設定-ディスプレイの画面

 インターフェースの言語を設定します。

デフォルトで問題ありません。

ディスプレイ

VirtualBoxの環境設定-ネットワークの画面

ゲストマシンで使用する最大のスクリーンサイズを指定します。

自動

スクリーンサイズを自動で設定します。

なし

ゲストマシンのスクリーンサイズを制限しません。

ヒント

最大スクリーンサイズを手動で制限します。

ネットワーク

VirtualBoxの環境設定-機能拡張の画面

VirtualBox全体のネットワークの設定を行います。

NATネットワーク

NATネットワークを設定します。

ホストオンリーネットワーク

ホストオンリーネットワークとは、ゲストOS間やゲストOS⇔ホストOS間のみで通信ができる、閉じたネットワークです。

通常他のネットワークタイプではホストマシンの物理ネットワークインターフェースを仮想化して使いますが、ホストオンリーネットワークはソフトウェアでエミュレートしたネットワークインターフェースを仮想化して使用します。

ここではホストオンリーネットワーク用の、ソフトウェアエミュレートしたネットワークインターフェースの追加・削除・変更が行えます。

また、閉じたネットワークの為、VirutalBoxにビルトインされているDHCPサーバを使うことも出来ます。
インターフェースの変更から設定できます。

機能拡張

エクステンションパックの導入・削除・アップデートを行います。

Proxy

VirtualBoxの環境設定-プロキシーの画面

VirtualBoxマネージャー自身が、VirtualBoxのアップデートの確認などを行う為のProxy設定を行います。