VirtualBoxをWindowsにインストール

VirtualBoxをWindows7にインストールします。

(注意)
VirtualBoxをWindowsにインストールする際、VirtualBox専用のNICドライバがインストールされる影響で一時的にネットワークに繋がらなくなります。
通信が発生するアプリケーションを終了させてからインストールしてください。

VirtualBoxのインストール

VirtualBoxのダウンロードを参考にして、Windows用のパッケージを入手します。

インストーラーを起動し、「Next」をクリックします。

VirtualBoxのインストールウィザードの起動画面

カスタムセットアップの画面が表示されますが、特別な理由がない限り、通常はそのまま「Next」を押してください。

VirtualBoxのインストールウィザードのカスタムセットアップ画面

「デスクトップにショートカットキーを作りますか?」「クイックランチバーにショートカットを作りますか?」と聞いてきますが、ここはお好きにどうぞ。

virtualBoxのインストールウィザードのカスタムセットアップ画面、ショートカットキーを作るか、クイックランチバーにショートカットを作るか選択する画面

「ネットワークが一時切断されます」と警告が出るので、通信が発生するアプリケーションが動作していないことを確認したうえで、「Yes」をクリックします。

VirtualBoxインストールウィザードの、インストール中にネットワーク接続が切断される警告画面

今まで設定した項目が問題なければ「Install」をクリックします。

VirtualBoxインストールウィザードのインストール最終確認画面

インストールが始まります。
途中、「デバイスソフトウェアをインストールしますか?」または「ハードウェアのインストール」というダイアログが何度か出てきますが、これは「続行」ボタンをクリックします。
ネットワークドライバなどをインストールしています。

VirtualBoxインストールウィザードのインストール状況を示すプログレスバーの画面
VirtualBoxインストールウィザードのUSBデバイスのインストール確認の画面
VirtualBoxインストールウィザードのネットワークサービスをインストールする確認画面
VirualBoxインストールウィザードのネットワークアダプタのインストール確認画面

「Oracle VirtualBox installation is complete.」の画面が出ればインストール完了です。
「Finish」ボタンをクリックしてください。

VirtualBoxインストールウィザードのインストール終了画面

以上でWindowsへのVirtualBoxのインストールは終了です。

VirtualBox本体のインストールが終わったら、続いてエクステンションパックの導入を行いましょう。